(usedsale201801)(適正身長165cm)(適正身長170cm)(used190724)(2019blackf)(usedsale201801)

■COLNAGO (コルナゴ)

エルネスト・コルナゴによって設立されたイタリアンバイクブランド。エルネスト自身は落車による 骨折で選手生命を絶たれたが、「史上最強の選手」と後に謳われることになるエディー・メルクス に自作のフレームを提供したのが、ブランドの始まりである。日本を代表するロードレーサーであ る新城幸也選手も2010年にCOLNAGOのバイク供給を受けツール・ド・フランスではステージ6位入賞を果たしている。

■2018モデル C-RS ULTEGRA アルテグラ R8000 11S サイズ480S(169-174cm) ロードバイク
COLNAGOカーボンラインナップの中核を担うミドルクラスコンプリートバイク。ヘッドチューブの形状やインテグレーテッドシートクランプ、フル内装されたケーブル類など空力を意識した造形ながらダウンチューブは角断面を採用し剛性を高めています。またリア三角はコンパクト化されており、安定性と良好な反応性を両立。また28Cタイヤを許容するクリアランスなどコンフォート性も充分。幅広い乗り方にマッチしそうなミドルグレードモデルです。



■スタッフおすすめポイント

使用感はほぼ見られず良好な状態です。モノコック構造にコルナゴが培ってきたロードバイクの哲学+最新のトレンドを盛り込んだ現代的なデザインのフレームにR8000アルテグラの組み合わせ。
直進安定性と快適性に優れ、ロングライド向きの性格ながら、目的を選ばずどのようなシチュエーションでも楽しめそうなバイクです。乗り手の成長に合わせてホイールをグレードアップするなど、長く楽しめそうな一台。初めてのロードバイクにもおすすめです。

・コンポーネント SHIMANO ULTEGRA
デュラエースに次ぐ2番目のグレード。プロツアーに実戦投入されているDURA-ACEシリーズのテクノロジーを継承しています。11スピード、4アームクランク、左右対称デュアルピボットブレーキ、ポリマーコーティングインナーケーブル、SIL-TECチェーン等、過酷なプロツアーで鍛え上げられた革新の技術を提供。


■クリンチャーホイール
経済的でメンテナンス性に優れる規格
経済的でメンテナンス性に優れる規格タイヤをリム内側の溝に引っ掛けて取り付けます。タイヤとチューブが別々になっており、パンクした際、チューブの交換のみを行える為、経済的でメンテナンス性に優れています。
タイヤやチューブの種類も豊富に用意されているので自分にあったタイヤがみつけやすいのも特徴です。
最近はチューブラータイヤの走行性能に迫り、あるいは凌駕するようなクリンチャータイヤも開発されつつあり、ロードレースと違って個人での活動の多いトライアスロンの世界では、トップ選手の間でチューブラーからクリンチャーへスイッチする動きもあるようです。




状態:美品
シートチューブ長(C-T):480mm
サドル高:675mm(写真撮影時の状態)
ヘッドチューブ長:127mm
トップチューブ長(C-C):527mm
重量:7.9kg
適応身長:169-174cm


ROAD/PIST


■スペック
フレーム素材
フォーク素材
ホイール素材
メインコンポーネント



ハブ


リム





■パーツ
レバー:SHIMANO ST-R8000
フロントブレーキ:右前
クランク:SHIMANO FC-R8000 170mm 50/34T
フロントディレーラー:SHIMANO FD-R8000 直付
リアディレーラー:SHIMANO RD-R8000 SS
ブレーキ:SHIMANO BR-R8000
スプロケット:SHIMANO CS-R8000 11-28T 11S
ハンドル(C-C) mm:DEDA RHM05 400mm
ステム(C-C) mm:DEDA ZERO 90mm
シートポスト :COLNAGO アルミ
サドル:Prologo Kappa evo
ホイール:SHIMANO WH-RS010 クリンチャー









2020年春の ロードバイク 中古 C-RS コルナゴ ロードバイク-ロードバイク

アーカイブ